こどもを見くびってはいけません!

こんにちは!

お母さんのためのヒーリングボイストレーナー

田所雅子です

 

今日のテーマは、
こどもを見くびっては
いけないというお話です。

 

たいていの大人は、
こどもだから
何もわかっていないと思っています。


だから平然と

ごまかそうとしたり

ちょっと猫なで声で
やさしくしてみたり

怒ったり怒鳴ったりして
いうことを聞かせようとします。

 

ごまかしがきくのは
せいぜい2歳くらいまで。

ただ、それは
気持ちをそらすことができる
というだけのこと。

 boy_question

基本、こどもは、
お母さんのその声から
ごまかしだと感じ取ります。

なんか変、と感じ取っています。

それでも同調して
ごまかされたふりをします。

 

時々、
「うそ!」
「ちがう}
「いや!」
と叫んだりしますね。


わかっているからです。
感じているからです。

言葉がまだ未熟で
自分の感じていることや思いを
言語化できていないだけです。


本能的に
お母さんを傷つけてはいけない!!

と感じ取った場合は同調するのです。


こんなに
いろんな思いを
ほんの小さなこどもが
感じ取って心を動かしているのですよ。


で、こどもを見くびったまま
ごまかしを続けていると、

 

とんでももないしっぺ返しが来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です