怒らない子育てのために知っておくべき耳の働き1

怒らない子育てのために知っておくべき耳の働き1

こんにちは!

田所雅子です

 

声に、

耳の働きが大きく関わること、

案外知られていません。

 

耳の働きについて

学校では簡単にしか学ばないのですね。

 

単に音を聞く器官、

ふらふらしないで立つためのバランス調整器官。

学ぶのはこれくらいでしょうか。

 

声に関わる

大事な働きをしていることは

フランスの耳鼻科の権威

トマティス博士の研究で明らかになっています。

9f6dac38eb3a6ef816ed6f0840905552_s

 

何度かお伝えしているのですが

 

改めて

声に関わる耳の働き2つ

知っておいてください。

 

それから声を意識してみると

それだけで声はかなり変わりますよ!

 

こどもに声を意識して届けていると

こどもの心が安定してくるのです。

 

 

では、耳の大事な働き

 聞いたことのある音しか再現できない。

 音を選んで認知している。

 

それでは 解説しますね。

聞いたことのある音しか再現できない。

 

耳の聞こえない人が声を出せない、

つまり声帯に問題がなくても

声を出して言葉が話せないのは当然のことなのです。

 

人は、

声を意識せずに出してはいますが、

勝手に出しているのではなく

誰かをまねて

(モデリングして)出しているということです。

 

こどもの場合はまず

一番最初に聞くお母さんの声ですね。

 

 

お母さんの声の出し方をまねているのです。

 

ここ重要ですよ!!

2についてはまた書きますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です