【自然と人、日本の外を知ることで世界観が広がる】


マザーボイス 子育メソッド365

%LAST_NAME%さん

こんにちは!

さて、引き続き
ブルガリア旅日記をお届けします。

今月の個別相談会は
明日のメルマガで募集開始です。

では

私の知った
ブルガリアについてお伝えしますね。

素朴な農業の国。
まだまだ貧しい発展途上国です。

 

ヨーグルト・チーズの他に
バラが美しいだけではなく
バラで化粧品などが作られています。

 

町並みは
基本、昔ながらのレンガと石の家。
どの家にも煙突があります。

 

この国では
サンタクロースが
煙突からやって来るなぁと
どの家にも普通にあるであろう
暖炉を思い浮かべ、
ちょっと羨ましくなりました。

 

首都ソフィアは
古い大聖堂などのある町並み
があると同時に

近代建築であるビルがたち、
少しづつ
大きな街として発展しつつあります。

今回ご縁があって
友人たちと出かけたのは
黒海の辺り
ブルガスという街。

サンセットリゾートとして
開発が進められているところです。

5つ星ホテルと言われる
大きなホテルに滞在しました。

リゾートホテルなので
長期に滞在できるよう
キッチンあり
大きな広いリビングありの
贅沢な作りでした。

目の前に
美しい真っ青な海。
黒海のプライベート海岸が広がっています。

 

ただ、
サービスは
日本の五つ星ホテルとは雲泥の差。
ちょっとびっくりでした。

例えば
トイレットペーパーが
なくなってしまったり、
停電になってしまったり。

日本では考えられませんよね。

5つ星ホテルですよ!!

でも、世界では
こんなものらしいです。

トイレに
ウオシュレットなんてありませんからね。

なにはともあれ
日本のおもてなしは最高であることを
しかと感じることになりました。

 

遺跡見学に出かけたのですが
1500年前の遺跡群の中に街ができており
遺跡とともに暮らす人がいる。

 

これは素敵だなあと思いました。

歴史がそのまま
人々の営みとして
現代につながっているのを感じました。

古いものと現代のものが
見事に調和して混在している。

遺跡を現代に活用しているといえば
そういうことでもありますが

維持していくためには
それも有効な方法だと思いました。

自然の景色の美しさが
少しも損なわれていなかったのです。

そして、どこに行っても
猫に出会えて幸せでした。

のらちゃんたちですが
みな人に対してフレンドリーです。

 

人が猫に対して
フレンドリーだからなのでしょうね。

 

子ども達もかわいくて
言葉が通じたら楽しいのに、
と思いましたよ。

 

 

 

では、また明日♫

(*^_^*)