【子育の軸は何を基準に?】


マザーボイス 子育メソッド365

こんばんは!

今日は、
私の子育てメソッドの
根幹の考え方をお伝えします。

 

人は自然の一部。
こどもはまだまだ野生の生き物。

 

ですから、
森で遊ぶことを
大事にしています。

 

大事にしているのは
自然体験だけではないのです。

 

%LAST_NAME%さんのお子さんは
何かスポーツを習っていますか?

 

体を動かすことは
とても大事なのですが
低学年まではくれぐれも
一つのスポーツに
集中しないようにして下さいね。

 

本来こどもの体は
決まった動きのスポーツではなく
ありとあらゆる動きをする 
遊びで
作られるものだからです。

 

それも自然の中で、ね。

そうです。
ここを大事にしているのです。

 

森で遊ぶこどもを見ていると
本当に様々な部分が
使われていることがわかります。

 

天城の森の河原では
大小様々な石がごろごろしています。

 

大きな木の根っこが
むき出しになっています。

 

そのため
来たばかりのこどもはよく転びます。

 

それが慣れてくると
だんだん転ばなくなり
さらに鬼ごっこで
思い切り走りまわれるようになります。

 

大きな石の上も
足の裏が吸いつくような動きになって
ほとんどすべることなく
飛び跳ねることができるようになります。

 

最初は、ずるずる滑って
転んでいた子が
崖を駆け上がり、
駆け降りても 平気になります。

 

森の中で思い切り遊ぶことで
体の全てを使って
いろいろな動きを体験できるのです。

 

幼児期のスポーツの研究も
かなり進んできて、
低学年までは
習うよりも遊ぼう!!
と言われるようになりました。

 

これは私が20年、
プレーパークで
こどもたちが遊ぶのを見て
確信したことでもあります。

 

もともと
こどもはそうやって体を作ってきたのです。

 

本格的な競技としてのスポーツは
12歳くらいからでいいのです!!!

 

でないと体の発達に偏りができたり
体の一部が壊れてしまうのですよ。

 

さて、改めて 森の力はすごい!!

 

お母さんの声を
倍音にしてくれるのも 森の音。

 

こどもの体を作ってくれるのも森の自然。

 

こどもの心を作ってくれるのも森の空気。

前頭葉の動きを活発にしてくれることがわかっています。

 

人は自然の一部。
自然の中で生きるのがあたり前なのですね!!

 

こどもたちが
すくすく育ってほしいと願い
森の力を大いに借りています。

 

都会にいる人は
たまに森に行くこと!

多分必要なことですよ!!

 

 では、また明日♫

(*^_^*)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

  

◇田所雅子の志命◇

お母さんが子育てを学ぶ場と

こどもが思い切り遊ぶ場を作ります!

 

 

こどもは遊んで育つ!!

だから
こどもが命輝かせて遊び、育つ場を作る!!

 

それをサポートできる
お母さんになっていただくために

 

お母さんの声のエネルギーを高め
子育ての真髄をお教えする
マザーボイスアカデミーを設立しました。

 

 

講師となって
マザーボイスを広めるお仕事を
ご一緒にしませんか?