【遊ぶことで賢い子に育ちます!】


 

こんばんは!

残席1!

。。。。。

【\こどもの才能が目覚める!/

お母さんのヒーリングボイス個別相談会】
〜怒ってもいい!叱ってもいい!
自己嫌悪に陥らなくていい!〜

お母さんのまぁるい声を手に入れ
子育ての軸を作る!

個別相談

 

直ぐに申し込む▼
http://www.kosodatevoice.com/?page_id=2t

。。。。。。

今日はもっと体を使って
いっぱい遊ぼうよ。
という話です。

 

本当の意味で賢い子に育つためには
体を動かすことが大事であることは
脳科学者が散々言っていますね。

 

今日は孫の小学校の参観日でした。
1年生の体育の授業を参観してきました。

体育館で跳び箱と大縄です。

跳び箱も大縄も
こどものとき散々やった記憶があり
みていると体がウズウズして
一緒にやりたくなってしまいました。

私がこどもの頃は
跳び箱は体育の授業にありましたが
大縄は、授業ではなく遊びでした。

朝、昼休み、放課後、近所で
散々遊びました。

そう、大きな声で歌いながら。

 

これが大事なのですね!!
前頭葉がよく働くのです。

 

縄跳び歌ってたくさんあるのです。
飛び方も様々なバージョンがあって
年齢とともに高度になっていきます。

 

みなさんご存知でしょうか?

「♪郵便屋さん、おとしもの、
拾ってください、1枚2枚・・・♪」

と拾いながら(地面に手をつきながら)飛ぶ。

一人で。
あるいは大勢中に入って。

真剣に遊びましたので
どんどん上手になります。

それが本当に

楽しかった記憶があります。

 

待っている間に
ふざけてしまって先生に叱られる
何てことは決してないのです。

自分たちの遊びですからね。
ふざけたらはじかれます。
うまくいかなくなりますから。

 

でも、今日、こどもたちは
待っている間に
ふざけてしまって先生に叱られ、、、

遊びであれば楽しい大縄の筈が
やっぱり先生の指導のもと
やらなければならないお勉強なのですよね。

だから下手くそです。

かわいそうだなぁ
と思ってしまいました。

遊びの筈のことが
もう遊びではなくなって
しまっているのが哀しいと思ったのです。

 

そういうことは結構あって
子どもは何でも遊びからか学ぶのに
つまらないお勉強になってしまうことで
失うことが多いなぁと思います。

先生も遊んでくれればいいのにね!!

せめて、
どこかで思い切り体を動かして
仲間と遊ぶ時間と場を
作ってあげてください。

 

実は、私が主宰する
「子ども表現教室」は
国語の力をつけると同時に
仲間といっぱい遊ぶ場所でもあるのです。

さか立ち、けん玉、ベーゴマ
鬼ごっこ、わらべ歌遊び、その他
子どもが仲間と遊ぶことができるように
森に出かけています。

そんな場がどんどん増えていったら
体も心も丈夫で賢い子が
増えていきますね。

 

そのために、
講師講座を5月からスタートします。
講座内容を作りながらワクワクしています。

興味のある方、お待ちくださいね。

あ、個別相談には
こども表現教室のことを聞きたい方も
どうぞいらしてくださいね。

残席1です。 

すぐに申し込む方はこちら▼
http://www.kosodatevoice.com/?page_id=2t

 

 

では また明日!